タコの缶詰め
トップページ | このサイトについて | サイトマップ | リンク | メモログ
■ メモログ - ツベルクリン反応の判定基準
« 一覧へ戻る
発赤0~9mm:陰性(-)
発赤10mm以上:陽性、そのうち
発赤のみのもの→弱陽性(+)
硬結もあるもの→中等度陽性(++)
二重発赤、水泡、潰瘍、出血などを伴うもの→強陽性(+++)
※以前は5~9mmの発赤では疑陽性(±)という基準もあったが、1995年4月に改定になり、疑陽性はなくなった。
TOP